北陸会概要
ホーム > 北陸会概要 > 会長挨拶

会長挨拶

ごあいさつ

「日本弁理士会北陸会」は新潟県、富山県、石川県、福井県の4県で活躍する約100名の弁理士で構成された地域組織です。

 北陸会の会員弁理士は、地域に根付き、「地域とともに歩む」をモットーに、地域の企業に寄り添い、ともに地域経済・地域産業発展のための努力を常日頃から続けています。そのため北陸会では、毎年様々な支援活動事業や知財セミナーなどを各県各都市で開催し、弁理士活動の広報、知財の活用・普及及び支援活動を行っています。

 本年度も、地域企業による弁理士の積極的な活用を促進して地域経済・地域産業の発展により貢献すべく、様々な知財支援活動や知財セミナーを企画しています。

 特に本年度は、「地元の中小企業のものづくり」に重点を置いた活動を目標としています。今、弁理士会本会では、金融機関と連携して積極的に企業の事業を活性化させようとする活動「絆プロジェクト」を推進しており、全国の各地域会にもこの活動の普及を図っています。北陸会では、この「絆プロジェクト」を企業、特に地元の中小企業の「ものづくり」推進のための画期的な事業ととらえ、金融機関だけでなく、中小企業を熟知した他の専門家とも連携を図って、三者連携でより積極的かつ効果的に地元中小企業のものづくり活動支援を支援・推進していく所存です。

 そのため北陸会では、各県でこのような連携によるセミナーや相談会などの事業を開催するほか、秋には、北陸会主催の「弁理士・金融機関・中小企業診断士の連携による中小企業ものづくり支援シンポジウム」を開催する予定です。このシンポジウムは、弁理士及び金融機関のほかにマーケティングの専門家である中小企業診断士とも連携をして、中小企業のものづくりを積極的に促進させるにはどうしたらよいかを、中小企業を交えて討論するものです。このようなシンポジウムを通して、金融機関や中小企業だけでなく、他の専門家にも連携の効果と必要性が浸透すれば、この活動も周囲に拡がっていくことと確信いたします。

 また、地域の皆様のご要望に応じて企業、自治体、学校などででの個別セミナーや各種イベントへの弁理士の派遣活動も行なっておりますので、お気軽にご相談いただき、ご連絡をお待ちしております。

 本年度も昨年度と同様に、地域に貢献すべく積極的に活動してまいりますので、前任者同様、皆様の温かいご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

日本弁理士会 北陸会
令和2年度会長 弁理士 高島 敏郎

北陸会概要