北陸会概要
ホーム > 北陸会概要 > 会長挨拶

会長挨拶

弁理士は理科系出身者や企業の開発部出身の人材が多く、士業の中でも、産業活動を支える法律と技術の両分野に通じた奇特な資格といえます。そして、この「日本弁理士会 北陸会」は、新潟、富山、石川、福井の4県の約100名の弁理士から構成される地域組織です。

近年、2000年前後から始まったコンピュータ化による新たな産業革命が、気候変動問題の顕在化や新型コロナの流行により一層加速し、我々を取り巻く環境が急速に変化しているのが感じられます。 もちろん産業界にも大きな変化が求められており、企業にとってSDGsやIT化、DX化への対応は急務です。そして、製品・商品開発においても、多様化した消費者ニーズや環境問題に対応した、新しい技術の開発や新しい製品・商品作りが求められています。
しかし、北陸はもちろん日本全国で圧倒的多数を占める中小企業は、このような大きな社会の変化に独力で対応するのは極めて困難な状況かと思われます。

我々北陸会の弁理士は、その開発の初期の段階から、地元企業様の製品・商品開発を法律面・技術面の両方からサポートできる唯一の専門家と自負しております。
すなわち、我々は、後々紛争となるような開発を未然に防ぎ、製品・商品づくりの方向性について助言すると共に、知的財産権(特許権、商標権、意匠権、実用新案権、著作権など)の取得や貴社製品の法的な保護について、適切な手続きや様々な助言を行います。

地元産業界の発展にお役に立てるよう、北陸会の弁理士一同尽力いたしますので、新しい商品を作りたい方、特許や商標など知的財産について相談したい方、お気軽にお声がけください。

 

 

 

日本弁理士会 北陸会
令和4年度会長 弁理士 増田 建

北陸会概要